梁や柱をクロスで巻くときは濃い木目がおすすめでかっこいいと思う

梁や柱をクロスで巻くときは濃い木目がおすすめでかっこいいと思う。

 

梁とか柱をクロスで巻くことがたまにあります。

 

 

理由は鉄骨造で木造っぽく見せるためであったり、リフォームで柱や梁が汚れているからクロスで巻いたり、木造の新築であっても化粧梁・化粧柱というきれいな木材を使っていないためクロスで仕上げたいという希望であったりと様々ですがお客さんとしてはクロスの選定に悩むところはあるようです。

 

私自身クロス工事を請け負ってきていろんな種類の梁や柱を巻いてきました。

 

 

造りが凝っているので基本どんなクロスを貼っても仕上がった感じは良く見えます。ですが、最っっっっ~~高に

良い仕上がりだなと思えるのは決まって濃い木目のクロスを巻いた時のような気がします。

本物の木をペンキで黒く仕上げるのも感じ良いのですがクロスにはクロスの良さがありますね。きれいに仕上げると本物の木よりきれいなのではと??と思ってしまいます。

迷っているならばクロスで濃い木目おすすめです。

 

上   仕上げるのにめちゃめちゃ苦労しました。が、めちゃめちゃかっこ良いです。

もうまさにクロスや泣かせ・・

良い経験させてもらいました。

 

この長さの梁も一人では張れませんね。3人で施工しましたがやはりかっこいいです。

 

 

 

コメントを残す